本日のどやぁ

本日のどやぁ。151128 スタバ秋葉原駅前店でどやぁ

2016/01/05

IMG_3969

今日はスターバックス秋葉原駅前店と、トールホットスターバックスラテでどやぁ。

通りに面したガラス張りのカウンター席に通され、外から見える形でMac広げてるのでドヤリングポイント(謎)高いですね。

最近、MacBook Proを導入したこともあり、少し気合を入れてブログとyoutubeを更新しています。
そもそも僕がyoutubeに動画を投稿し始めたのは、僕が長年抱えている、ある問題が理由です。

というのも、僕は子供の頃からよく"喋るのが早い" "滑舌が悪い"と言われ続けてきました。今でも自分では気がつかないうちに早口になっていることがあります。僕の動画の中でも早口になって単語が聞き取れないところが結構あります。

この"喋り方の問題"が一つ。
そして"喋ることそのもの"がもう一つ。

基本的に喋るのが下手なんです。

僕が喋ると色んなことが起きます

  • 冗長になる
  • 主題がズレる
  • 無駄に広がる
  • 結論を失う
  • テンポが悪く聞き手がイライラする
  • そもそも早口で何を言っているのかわからない

とりあえず思いつくだけでもこれくらいあります。おそらくもっと色んな欠点があると思います。

伝え方が9割、というベストセラー本がありました。

あれはタイトルしか知りませんが、タイトルだけで共感するところ大です。

実際世の中にあるものの殆どは伝え方によってその印象が大きく変わり、それによってビジネスや恋愛や作品の及ぼす影響に大きく関わると感じています。

何が言いたいかというと、伝え方が9割なので、伝えることが下手な人はそもそもスタートの時点で遅れをとっているんですね。

さらに言うなれば、僕のように「何を言ってるのかわからない」なんてのは、相撲で言えば土俵に上がっていない、戦争で言えば武器を持っていない状態に等しいわけですから論外なんです。

動画を始めたのは、そんな自分の発信力のなさを改善したいというのが、最も大きな要因です。

自分が喋っている動画を編集していると、そりゃもう何度となく死にたくなります。
「なんでこいつ(自分)の話はこんなに長いんだ」「なんてつまらないんだ」「何回噛むんだ」「黒い」
と言った具合に非常に腹が立ちます。

普段自分が触れているメデイアの中で話をしている人たちが、しゃべりに関して如何に優れているか、というのがよく理解できます。

しゃべりを改善できれば、動画はより「わかりやすく」「面白く」なるだけでなく、
編集負荷を下げることにもつながります。

実際に公開している動画ではわかりませんが、カメラを回している時間は本編の2倍から3倍。
しゃべっている内容も倍以上で、それらを編集段階でカットしまくってます。

なぜなら噛みまくっているし、無駄な話が多いから。

情報が多すぎれば、カットしなければいけませんし、逆に不足していればテロップなどで補足しなければいけません。

下手なしゃべりは誰も幸せにしません。

動画を投稿していることが、実際の改善につながっているかは僕の主観ではなんとも言えません。

MacBookProを買ってからは、編集作業の効率は上がった気がしますが、作っているのものの質には影響しませんから、なんとも言えないこところです。

でもまぁ、多かれ少なかれ好きでやっていることでもあるので、これからも気張らず続けていきます。
こういう金にならないアクティビティを「ライフワーク」と呼ぶのかもしれません。

ではまた。

PS
どやぁの記事としては長くなってしまいました。

-本日のどやぁ