ガジェット・デバイス 電子書籍

Kindleストアで買った本が100冊を超えたので、僕が買ったKindle本まとめ

2016/07/31

Kindle本が100冊を超えていた。

僕はもう、最近では紙の本をめちゃくちゃ精査します。

そりゃもう、ほとんど紙の本を買わないほど。

ホントに大事に自分のそばに置きたい本以外、全て電子書籍でまかなっています。

と、こんなこと言うとスゴい読書家みたいですが、まぁそれは置いといて。

今チェックしたらKindleストアで購入した本が100冊を超えていたので、これを機会に1回僕がKindleで何を買っていたのかをまとめてみたいと思います。

圧倒的マジョリティ マンガ部門

多くの人がそうであるように、僕もKindleで大量にマンガを買っていました。

もはやマンガと電子書籍の相性の良さは完全に証明されたも同然ですね。

そんなわけで、しばらく僕がKindleで買った漫画たちです。

闇金ウシジマくん (20冊)

堂々の第一位は「闇金 ウシジマくん」です。

街金や闇金の話というのは青年誌では鉄板ですね。
ウシジマくんはそれにつけて、お金にまつわる人間の闇がめちゃくちゃリアルに描かれていて面白いです。

フィクションなんですが人間の心の動きとか、弱さとかがリアルに誇張されてる感じして、全体的に面白すぎますね。

進撃の巨人 (19冊)

最近はすっかり一山過ぎてあまり話題にならない進撃の巨人ですが、今でも最新刊を読みつづけています。

ぶっちゃけ最新刊が出ることろには前の巻の話はすっかり忘れていて、結局復習から始めないと行けないんですけどね。

作品についてはもはやご説明する必要もないでしょう。

巨人から逃れるために壁を築き、壁の中で生活していた人類が巨人と闘いながら謎を問いていくというか、謎を増やしていくというか、そういった話です。

いまでもだらだらと読み続けていますが、読むと
やっぱり面白いですね。

新世紀ヱヴァンゲリヲン (14冊)

以前Kindleストアでやっていたセールの時にまとめ買い。

中学生くらいの時に狂ったように読んでいて、そのまま休載になってしまい、再開され完結されてもチェックできていなかった部分を一気に取り戻しました。

やっぱり面白いですよ、エヴァ。次の映画は一体いつ完成のするのかわかりませんが、やっぱり楽しみですね。

 

僕だけがいない街

これは中々トレンディーな名前が出ましたね。

アニメや実写映画にもなった作品の原作です。

僕はアニメから入って、原作との差異が気になったこれもまとめ買いしました。
すでに完結していて、8巻というボリュームなのでオススメです。

話はざっくりタイムスリップもの。それも、バタフライエフェクト的な方向性の話です。

 

ヲタクに恋は難しい (2冊)

最近続刊を全裸待機しているのが、この作品。

社会人ヲタクのラブコメです。

こういうのも結構好きです。

 

おじょじょっじょ (3冊)

こちらもラブコメ。

「旦那が何を言っているかわからない件」のクール教信者先生の作品。

アウトローな男子高校生と、高飛車で友達が出来ないお嬢様の組み合わせ。

絵が結構好みなのと、ストーリーやキャラクターが生っぽいのが気に入っています。

 

寄生獣 (5冊)

5巻まで頑張ったけどそれ以上財布の紐が開かずに放置されている寄生獣。

これも最近話題になりましたね。

アニメ版はどうしてああなってしまったのか、というタイプの人間です。
音楽と、音楽の流れるタイミングがねぇ...

漫画単発

買ったけどいまいち刺さらなかった有象無象だったり、単発のコンセプト本だったりです。

ノーゲーム・ノーライフ1巻

ラノベと間違えて買ってしまったやつ。

式の前日

まとめサイトの広告に載せられて購入。普通によかった。

サビ抜き彼女

前述「旦那が何を言っているかわからない件」のサイドストーリー。かなり好み。

大室家 1

ゆるゆりよりも、大室家の方が好きです。ただ、ゆるゆりなら歳納京子が好きです。

ふたりエッチ 64

自分でもなんでこんな中途半端な巻だけ買ったのか理解に苦しむ。

テラフォーマーズ

2巻で読むのやめました。

青空文庫

昔書いたかもしれませんが、僕はKindleで無料で配信されている青空文庫シリーズが大好きです。実際、青空文庫のサイトでもダウンロードできるのですが、自分が普段使うサービスのフォーマットになっているのは有り難いですね。

僕が読んだ何冊かをピックアップしておきます。

ラノベ

ライトノベルですね。と言っても。

ノーゲーム・ノーライフ

僕がKindleで読んでるラノベはこれだけです。通称ノゲノラ。

ゲームなら何でも最強な兄妹がゲームで全ての物事が決まる異世界で人類の存亡かけてあれこれする話です。

おもしろい。

単行本・実用書

経営戦略の教科書

大学の授業で使うために購入。教科書としては軽め。

秋葉系DJの教科書

DJの勉強用に購入したムック。資料の少ないアニソンDJ界隈の話とか多くて参考になります。

5年先のことなど考えるな

Podcast backspace.fmやYoutubeでガジェットネタを扱ってるドリキンさんYoutubeでの対談で紹介していた本です。

著者の前刀さんは元Apple Japanの社長さん。自伝的な話やキャリアや自己啓発っぽい話が主です。

 

必ず結果がでるブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える"俺メディア"の極意

今のブログを構築するにあたり、参考にしたのがこの本。

割りと昔にでたプロブロガー本ですが、いまでお使えるティップスは多いです。

少し気合の入ったブログ作るなら、とりあえず読んでおいていいと思います。

まとめ:やっぱり漫画がいいね

もうお解りのようにほとんど漫画ですね。

やっぱり漫画は電子書籍が1番です。かさばらないし、劣化しないし、参照したい機会がほぼないからアクセス性を気にする必要ないし。

やっぱり漫画がいいね。

-ガジェット・デバイス, , 電子書籍