IMALOG

大学を休学してフィリピンでインターンをしているYouTuberのブログ

ガジェット・デバイス フィリピン日記

【徹底解説】フィリピンでSIMを買ってスマホで電話とネットを使う方法。Globeの場合

海外で誰もがぶつかる壁「携帯通信」

海外旅行や、出張、単身赴任、駐在など外国に行く際は色々な理由が考えられると思います。

同時にこの情報化社会において携帯電話ほど重要なツールもありません。

ただこの「海外」と「携帯電話」という2つの物事は相性がとても悪い!

旅行中などはホテルのWi-Fiだけでどうにかする、みたいな人も多いでしょう。

 

ローミングは高すぎる。長期滞在だと更にめんどくさい

なにせキャリアの国際ローミンはめちゃくちゃ高い。

1日使うだけで何千円も払ってられない。

長期滞在する人にとっては更に問題です。仕事や各種手続、ライフラインとしての電話番号やインターネットは必須と言っていいでしょう。

「現地のSIMを使いたいけどよくわからない...」そんな方に送る記事です

この記事では僕が実際にやっている現地SIMの使い方を1から懇切丁寧に解説します。

長期滞在に限らず数日から1週間程度の旅行でも十分に通用する方法です!

 

準備する物

SIMフリーのスマートフォン

IMG 2578

なにはともあれSIMフリーのスマホが必須です。日本のキャリアで端末を購入された方は、自分のスマホがSIMロック解除の対象かどうか確認してください。

現在、キャリア端末のSIMロック解除対象端末は限られています。

また購入からの経過日数が短いと対象外となる場合もあります。

ですので実際はSIMフリーの端末を購入しなければいけないパターンが多いでしょう。

iPhoneでしたらAppleのオンラインストアで購入できるiPhoneSEがオススメです。

http://www.apple.com/jp/shop/buy-iphone/iphone-se

SIMスロット抜き

31X+BbcaSVL SY300
機種によってSIMカードの挿入方法が違うので、いらない場合もありますが、iPhoneなど多くのスマートフォンはSIMカードを抜くための小さなピンが必要です。

後述のSIM売り場などではピンを用意していない場合も多いので予め用意しておく必要があります。

スマートフォンを買った際に箱に同梱されていた説明書類と一緒に入っていることが多いです。

自分のスマホのSIMサイズを確認しておきましょう

Sim card sizes

SIMカードはスマホによって要求されるサイズが異なります。

主に

  • Mini SIM
  • Micro SIM
  • Nano SIM

の3種類のどれかで。予め確認しておきましょう。
iPhone5以降のiPhoneは全てnano SIMです。

ハサミ

場合によっては必要です。

IMG 0452

手順

  1. SIMカードを買う
  2. LOAD(ロード)カードを買う
  3. SIMカードをセット
  4. LOADを登録
  5. プランを選択・購入
  6. 開通

と、なります。それぞれ詳しく説明していきます。

1.SIMカードを買う

なにはともあれ現地の電話番号を手に入れなければなりません。

そのためには現地のSIMカードが必要です。

フィリピンの通信会社

フィリピンの通信事業者は主に

Globe(グローブ) と Smart(スマート)

Globe smart

という2社です。

どちらも入手難度は同じです。だた僕の周りでは圧倒的にGlobeを使っている人が多いですね。

現地の人に言わせる、Globeはデータ通信に強くエリアが広いらしく、Smartは通話に強くエリアは狭いが電波は強め(?)とのことです。まぁどちらでもいいと思います。

今回は現地のシェアを考えてGlobeで話を進めますね。

どこで買えるの?

SIMカードを買えと言っても、そんなに簡単に買えるものなの?という疑問が日本人なら誰でも浮かぶと思います。

そもそも日本人は基本的に「SIMカードを買う」という行為を経験したことのない人の方が圧倒的に多いでしょうから、それも当たり前です。

さて、フィリピンにおいてどこでSIMカードを買ったらいいかというと

どこでも買えます。

これは本当に、ありとあらゆるところでSIMを手に入れることが可能です。

僕が実際にSIMを売ってるのを見たのはこんなところ

  • コンビニ
  • スーパー
  • ショッピングモール
  • 小さな商店
  • 空港
  • 大きめのバス乗り場の売店

などなど

とりあえずものすごい僻地でもない限り(でも結構な山道でもポツンとある商店がSIMを取り扱ってたりします)生活圏内にSIMが買える場所がないということはほとんどないと思います。

実際にSIMを買いに行ってみます

というわけで実際にSIMカードを買いに行ってみます。

IMG 0388

やってきたのは職場から歩いて1分の大きめのスーパー「ハイトップ」

IMG 0389

中に入ると入口近くにこんなカウンターがあります。

IMG 0389 のコピー

ここのおばちゃんに話しかけます。

俺「Can I get Globe SIM card?」

おばちゃん「40 peso」

40ペソ(日本円で87円くらい)を払うとSIMカードが貰えます。

IMG 0390

IMG 0392

IMG 0393

作業は以上です。

簡単でしょ?
面倒な書類とか、個人情報とか、身分証の提示とか、口座の登録とか一切ありません。

僕も最初この方法でSIMカードが買えてしまった時は、笑っちゃいました(笑)

「えっ!?SIMってこんなポイって貰っちゃっていいの!?あっはっは」

みたいな感じです。色々経験してきましたが多分1番のカルチャーショックです(笑)

これで電話ができるかというと、もう少し作業とお金が必要です。

物価の安いフィリピンでも流石に80円そこらでは携帯は使えるようになりません。

次のステップに行きましょう。

2.LOAD(ロード)カードを買う

フィリピンの携帯料金は「プリペイド式」です。

つまり「前払い」なのです。

ロードって何?

日本では契約プランを設定して月末請求ですが、クレジットや決済手段が普及していないここフィリピンでは予めお金を払った分しか使えません。

そして、その予め払っているお金を管理するための概念が「LOAD(ロード)」です。

「LOADを買う」と言った言い方をすると、それはつまり通信を利用するために料金を前払いすることを意味します。

他に「LOADがない」「LOADをチャージする」とか言います。

課金ゲームとiTunesカードの関係が1番わかりやいかと思います。課金をするためにリアルマネーでiTunesカードを買い、それをiTunesアカウントに対して登録し、それでゲームの課金アイテムを購入し、ガチャを引くと。

LOADの場合はiTunesカードがLOADカード、iTunesアカウントは電話番号、課金アイテムは通信プラン、ガチャアイテムは実際の通信といった感じです。

Load gcha

1番手っ取り早く、わかりやすくロードを手に入れる方法は「ロードカード」を買うことです。

どこで買えるの?

これも前述のSIMカードと同じようにどこでも買えます。

  • スーパー
  • コンビニ
  • 小さな商店
  • 空港
  • 大きなバス乗り場の売店

などなど

派手な横断幕がダーンと出ているのでわかりやすいです。

ロードはSIMよりも利用頻度が高いため、取り扱っている店がSIMよりもずっと多いです。

また実際に買いに行ってみよう

それではまた実際に買いに行きましょう。

IMG 0388

行くのはまたしても会社から徒歩一分のスーパー「ハイトップ」。

いつものカウンターに行っておばちゃんに話しかけます。

IMG 0389 のコピー

俺「おばちゃん久しぶり!」

おばちゃん「(怪訝そうな顔)」

俺「はぁ〜...(つめてぇな...) Can I get globe load?」

おばちゃん「Which one? 」

俺「500」

おばちゃん「(だまってカードを出してくる)」

俺「(500ペソを払い)」

IMG 0391

以上です。簡単でしょ?

これで500ペソ分のロードを購入することが出来ました。

3.SIMカードをセット

それではSIMカードをセットしていきましょう。

iPhone SEの場合

まず、スマホの電源を切りましょう。

あまり問題になることはありませんが、端末の安全を重視して電源は必ず切りましょう。

SIMカード抜きを使って、SIMカードスロットを出してあげます。

IMG 20160802 221203

IMG 20160802 221239
ピンを結構強めに押し込まないと出てきません。

スロットの形に沿うようにSIMをセットしてら押し込んであげれば完了です。

IMG 20160802 221847

※日本のSIMは解約していなければ、帰国後必要になります。無くさないように管理しましょう。

Nano SIMを取り扱ってなかったら...

僕がそうでしたが、ハイトップのおばちゃんはNanoSIMを取り扱っていませんでした。

しょうがなく一回り大きいMicroSIMを購入。

IMG 20160802 223136

ここからはあくまで個人の判断でお願いしたいのですが、僕はハサミでSIMカードを切りました。

金属部分のギリギリ端をせめて切っていくと、NanoSIMサイズにすることが出来ました。

IMG 20160802 223224

ここで金属部分を傷つけるとSIMカードが使えなくなってしまいます。
やる場合はくれぐれも気をつけて、かつ自己責任でお願いします。

フィリピン人の友人は怖かったのでモールのお店でお金を払ってやってもらったと言っていました。そういうこともあるみたいですが、僕は自分で切っちゃいました。

自分の電話番号を確認する

まず、SIMをセットしたスマホを起動します。

そうするとすぐに右上にGlobeのロゴが表示されれると思います。

IMG 0396 edit

表示されない場合はスマホを再起動するとだいたい直ります。←

SIMカードには既に電話番号が割り当てられています。

IMG 0396 edit2

IMG 0438 edit

iPhoneなら「電話」アプリを起動すると、自分の電話番号が確認できます。

これは設定が日本になっているので、国際番号が表示されていますが、実際に現地の人に聞かれて教えなけでばいけないのは、国際番号以下の頭に0をつけた番号です。

ですのでこの場合の電話番号は 0916-XXX-XXXXとなります。

4.LOADを登録

さぁここからかなり複雑になってきますので気をつけてください。

正直かなり面倒くさいです。

購入したLOADを使えるようにするために、まず自分の電話番号に対してLOADを登録します。

Suicaなどの交通系電子マネーのチャージを考えてみてください。

この場合LOADカードを買ったのは、チャージするための現金を手に入れただけなので、現金をSuicaにチャージするように、購入したLOADを電話番号に対してチャージしなければいけません。

コードを確認

IMG 0394

購入したLOADカードの裏に、スクラッチくじのような銀色の部分があります。

IMG 0395

これをコインで削ると、登録に必要な10桁のカード番号と、確認用の6桁のPINコードが現れます。

これを使って、LOADを登録します。

スマホでLOADをレジスター

基本的にはLOADカードに書いてありますが、少し丁寧にご説明します。

※この作業は通信環境や混雑度によってうまくいかないことが良く有ります。少し待って意図した画面が出ない場合は、最初からやり直しましょう。

電話で「*143#」に発信

まず「電話」アプリを開きます。

IMG 0398

「*143#」と入力して発信します。

IMG 0399

そうすると、このようなメニュー画面が表示されます。ここでGlobeのサービスの何を利用するかを選択します。

My AccountからLoad Call Cardを選択

返信を押すと、キーボードが出てきます。

IMG 0408 edit2

今回のようにLOADを登録したい場合は「2 My Account」になるので「2」を入力して「返信」をタッチします。

IMG 0409

アカウント管理のメニューが出ます。「2 Load call card」を見たいので、同じ手順で「2」を入力し「返信」。

カード番号とPINを送信

「10桁のカード番号を入力しろ」と出てくるので、先ほど削ったカードの10桁のほうの番号を入力して返信します。

IMG 0411

IMG 0395 edit

次は「6桁のピンを入力しろ」と出てくるので、カードのもう一方の方の6桁の番号を入力して返信します。

IMG 0413

IMG 0395 edit2

確認画面が表示されたら、LOADの登録成功です。

IMG 0414

画面の見方

「balance」というのがつまり、チャージしたLOADの"残高"になります。

この画像の場合だと、536ペソ分のLOAD残高があることになります。

IMG 0414 edit

これでSuicaで言うところの"チャージ"が完了した状態です。

ゲームで言ったら、iTunesカードをAppleIDに登録したところです。

SMSで確認メッセージが送られてきます

LOADの登録に成功するとSMSでメッセージが送られてきます。

IMG 0415

このメッセージでは500ペソ相当のLOADの登録が完了したこと。

有効期限が2016年11月28日午後6時であることが書かれています。

5.プランを選択・購入

さぁもう一息です。LOADを登録することが出来たので、LOADを使って通信プランを購入します。

再び「*143#」に発信

再び電話アプリで「*143#」に発信して、Globeのメニュー画面を表示してください。

GoSAKTOからCreate a Promoへ

IMG 0400

通信プランを選択するために、まず最初の画面で「GoSAKTO」を選択します。

返信をタップして「1」を入力、返信します。

これが、ベーシックな通信プランのパーケージになります。他にも色々あるようですが、基本的にこれで大丈夫です。

次の画面でも、またプランの選択が続きます。
いろいろ書いてますが、どれも特殊なプランなので全部無視で大丈夫です。

IMG 0402

1番上のCreate a Promoを選択します。

返信をタップして 「1」を入力、返信します。

Promoというのは、一定期間・一定金額で通信を利用するために用意されたパッケージのようなもので、自分で色々とカスタマイズすることが出来ます。
カスタマイズの内容と期間によって値段=消費するLOADが変動します。

通信タイプ

最初に出てくるのが通信タイプの選択です。

IMG 0403

上から

1.電話のみ
2.SMSのみ
3.データ通信のみ
4.電話とSMS
5.電話とデータ通信
6.SMSとデータ通信
7,電話とSMSとデータ通信
8.戻る

といった感じでで。

これは個人によって必要な通信が変わってくると思うので、ご自分の用途にあったものを選択する形がいいと思います。

電話しか使わないなら1。

逆に現地に知り合いいないし、ネットが使えればいいや、という人は3などなど。

僕は普段7の全部入りを使っているので、これで話を進めますね。
迷ったらこれでいいと思います。

IMG 0417

返信をタップして「7」を入力、返信します。

電話のタイプを選択

なんと電話にもタイプがあるのです。

IMG 0418

この場合は

1.Globeだけに繋がる電話
2.それ以外の全部繋がる電話
3.戻る

といった感じです。

ここも人によって変わってくるかと思います。

お解りのように、Globeのみのほうが安いです。
自分がどのような目的で電話を使いたいか、に関わってきます。

例えばホテルなどの携帯回線でないところに電話をかけたい人は「2」を選択する必要があるでしょう。

僕は普段「1」にGlobeのみのプランを使っています。

理由は電話をあまり使わないこと、使っても会社の同僚に少し電話をかける程度、そしてその同僚たちがみなGlobeを使っていることが理由です。

ご自分で判断して選択してください。

今回は「1」でいきます。

IMG 0419

返信をタップして「1」を入力し返信します。

通話時間を設定

通話時間も設定しなければいけません。

IMG 0420

上から

1.10分
2.20分
3.100分
4.500分
5.無限
6.戻る

と言った感じです。
これは契約期間(後で設定)の合計通話時間です。
1回あたりの最大通話時間ではないので注意してください。

例えばここで「10分」を選択し、期間を1週間に設定し、その間に10分の通話を1回やった場合、新たにプランを購入しないと電話ができなくなります。

なので想定されるご自身の通話時間を考えて選択してください。
もちろん10分が1番安く、無限が1番高いです。

僕はほとんど電話をしないので、最低の10分を選択します。

「1」を入力して返信します。

SMSのタイプを設定

電話の時と同じで。

IMG 0421

1.Globeのみ
2.全てのネットワーク
3.戻る

です。これも人によりけりだと思います。

実はここは結構重要で、フィリピンのモバイル・インターネットはとても接続が悪く、速度が出ないことも多いので。
そこでSMSで連絡を取り合うことが多くあります。SMSはインターネットではなく電話回線で送受信するためです。

なので、SMSで現地の人と多く連絡を取る人は「2」を選んだ方がいいかも知れません。

僕は電話と同じ理由で「1」を選択します。

SMSの件数を選択

送信するSMSメッセージの数をここで設定します。

IMG 0423

数字は送信可能なSMSのメッセージ数。5は無限です。

僕はここでも「1」を選択します。

返信をタップして「1」を入力、返信します。

データ通信のタイプを選択

だんだん疲れて来ましたか?

もうちょっとです、頑張りましょう!!

今度はデータ通信のタイプを選択します。

IMG 0424

上から

1.通信料を設定するタイプ
2.無制限
3.特定のサイトとアプリ
4.戻る

と言った感じです。

ほとんどの人は1か2で良いでしょう。
もうお解りだと思いますが2.無制限の方が高いです。

IMG 0425

僕はこっちでの携帯の使う通信料がある程度決まっているので「1」を選択します。

通信料を設定

ここでは使いたい通信料を設定します。単位はMB(メガバイト)です。

IMG 0426

僕は1週間(後で選択)300MBあれば十分なので、「4」を選択します。

契約期間を選択

さてゴールは近いです。

次は今まで作ってきたプランの契約期間を選択します。

IMG 0428

ここでは最大が7日になっていますが、前段階で「無制限」などのプランを選んでいると、もっと長い期間での選択肢も出てきます。

ご自身の滞在期間や、定期的にプランを見直したかったりするなど、色々理由が考えられると思います。

僕は1週間毎にプランを見直しているので「1」の7日を選択します。

これで全部の設定が完了です。

確認・支払

まずは確認画面です。

IMG 0429

上から
1.これでええよ
2.プランを確認する
3.もっとプランを追加する
4.戻ってくれ
5.メインメニュー

です。(意訳)

IMG 0430

「1」を入力して送信します。

IMG 0431

画面に値段が表示されます。この場合は183ペソ相当のLOADってことですね。

上から

1.やっちゃってくれ!支払!
2.もっかい確認させてくれ
3.戻ってくれ!
4.次(謎)

です。(意訳)

IMG 0432

もう慣れたものですね。「1」を入力して返信をタップします。

IMG 0433

確認メッセージが表示されれば成功です。

お疲れ様でした!これで全て終了です!!

SMSで送られてくる詳細を確認

無事に支払が終わるとSMSが送られてきます。

今回のプランを確認して見ましょう。

IMG 0434

今回のプランは、契約期間7日間。Globe番号への電話が合計10分、Globe番号へのSMS送信が50件、インターネット利用が300MBで、183ペソ(約400円)です。

使わなかった分は、7日後に消滅します。繰越などは出来ないのでご注意ください。

LOADの残高を確認する

LOADを183ペソ分使ったので減っているはずです。残高を確認して見ましょう。

再び「*143#」に発信して「2 My About」から「1 Balance inquiry」と進みます。

次の画面は「1 Check my remaining load balance」です

そうすると、LOADの残高と有効期限が表示されます。

IMG 0437

この画面では、「残高353ペソ、11月28日まで有効な分が290ペソ」ということです。

7日経ったらどうすればいいの?

契約期間が終了したら、同じ手順を繰り返す形になります。

必要に応じてLOADを購入し、登録。プランを選択し契約、といった感じで。

契約が切れるとGlobeからSMSが送られてきます。

それを確認して「あ、もう1週間たったか」と同じ手順で登録をする形になります。

ちょっとしたテクニック

最後の支払をするまでLOADは減りません。
直前画面でようやく金額がわかります。つまり見積です。

色々なパターンを試して、予め金額を確認しておくとLOADを買うときに購入額を読みやすいです。

途中で画面が出てこなくなっても諦めない

最後にあるあるですが、時折返信しても画面が表示されないことがあります。

そういう時は諦めず、最初からやり直しましょう。

なにせ通信が安定しないので、レジスターがスムーズにいかないことも多々有ります。

これはフィリピンでの生活に共通して言えることですが、大事なのは根気強くおおらかな心で向き合うことです(笑)

手続が面倒で英語に自信があるかたはモールのショップに行きましょう!

僕はやったことないですが、モールのGlobeやSmartのショップでは月額プランを提供してくれるようです。

英語に自信があって、毎回自分でやるのが面倒な人はモールに言って店員さんと話しましょう。それが間違いないです。

ですが、どちらにしてもLOADカードを買って登録するのは変わらないようです。

おまけ:こんなところでもLOADが買えます

IMG 0439

これは僕の会社が入ってるビルの駐車場においてあるLOAD自販機です(笑)

実際これコカ・コーラの自販機の隣に置いてあります。

これにお金を突っ込んで、電話番号を入力したりしてLOADが買えます。

一度SIMを手に入れてしまえば、LOADを買うのはそれほど難しくありません。

ご自分で色々試して、生活スタイルにあったプランや運用を考えましょう!

-ガジェット・デバイス, フィリピン日記