IMALOG

大学を休学してフィリピンでインターンをしているYouTuberのブログ

インターネット ニュース フィリピン日記

【僕がPodcastを始めた理由】ひっそりとPodcastをはじめていました。

2017/02/18

Podcastを始めました。

なにを血迷ったからPodcastをはじめていました。

ムララジと言います。いまのところ7回更新しました。

この間、トバログの鳥羽さんをゲストによんで話しました。楽しかったです。(小並)

なぜ今Podcastなのか?

ここが今回書きたかったことです。僕がPodcastをはじめてしまった理由を書きます。

音声メディアっていいのよ

インターネット上には色々なメディアが蔓延しています。このブログは文字ですし、僕がやっているYouTubeは動画メディアです。それぞれ特徴があってメリット・デメリットあります。テキストメディアは構成がしっかりしていたり、細かいことがもれなくカバーしていたり、斜め読みが出来たり引用したりされたり出来るというところがいいですよね。一方で視覚的な情報を伝えるにはビデオにアドバンテージがあります。その変わりビデオは人間が集中して見る必要があります。視覚に訴える分視覚的な面白さやテンポの良さを担保しないと情報を消費してもらえません。エンタメでない情報としてのビデオはとてもアピアランスが重要です。構成要素が多いので作成にコストが高いのもなかなかネックです。

一方でPodcastのような音声メディアですが、これの1番いいところは「指向性がない」ことです。ビデオや文章は、ビデオを見たり文章を読んだりと、視覚的な指向性があります。つまり人間がそのメディアに対して向き合わないと消費できないんです。一方で音声は、まさしく音なので指向性がありません。音が聞こえる範囲内なら消費することが出来ます。

「指向性がない」ということは「ながら聴き」ができるということです。歩いていようが走っていようが運転していようが電車に乗っていようが、音声として競合しないことであれば音声メディアを消費しながらすることが出来ます。

「ながら聴き」が許されるメディアは、長く消費してもらえます。物事を完結に要点だけをまとめて語る必要もなく、しかも会話や語りの文略を伝えることができます。その代わり、聞いている必要があるので大量消費が難しいって側面もあります。たくさんPodcastを聞くことは現実的に難しいのでどれだけ内容を濃いものにできるか、というのはあると思います。

つまりところダラダラ喋りたかった

普段の動画だろうがブログだろうが、いろんな細かな部分を全部すっ飛ばして要点だけ話しています。ただ実際の物事は色々な背景や分間脈があってそっちのほうが大事だったりするんですね。

ただそういった細かな話というのはブラグや動画にしてしまうとコンテンツとしてもたないんですね。消費してるのが苦痛になってしまう。ただPodcastとかラジオって真剣に聞かなくていい話なので、気楽に流して環境音にできるので、長い会話も成立します。

ブラグやYouTubeのフォローアップに使っていきたい

実際いままでに合計10エピソードほど公開しているのですが、いいですねPodcast。なんといっても作業が簡単でいいですね! パソコンにマイクさしてAudition起動して録音して30分位しゃべったら書き出してアップロードしてちょっとショーノート書けば終わりですからね。すんごい楽ちん。ブログやビデオとは比べ物にならない気楽さですよ。

そんなわけなので週1くらいなら無理なく続けていけそうなので、今後はニュースに加えてブログやYoutubeビデオで語りきれなかったことをフォローアップしていくようなことも考えています。もしよろしけれべ聞いてやってください!

サイトリンク: kentaimamura.com/muraradi

iTunesリンク:ムララジ

-インターネット, ニュース, フィリピン日記