アニメ インターネット

dビデオとdアニメの違い。アニメも仮面ライダーも見たい僕のジレンマ

ビデオオンデマンドは何がいいのか

私は以前huluに加入していましたが、しばらく見なくなっていたので解約しました。

なんといってもhuluは加入してみるとコンテンツに偏りがあって私のニーズを満たすだけのコストパフォーマンスがなかったわけですね。

洋画と海外ドラマはたくさんあるけどアニメが全然ない。

それでも契約していたのは仮面ライダー見れるからなんですけど、それもいずれは見なくなり、月々1,000円払うのを辞めました。

dビデオとdアニメストア

最近また家で過ごす時間が増えたのでビデオ・オン・デマンドを検討していて浮上してきたのが

dビデオとdアニメストア

最近docomoがやっている一連の配信事業の新しいプラットフォームがdシリーズ。

電子書籍やら音楽配信やら通販やらと何でもかんでも自社のサービスを売ろうと必死。

見た感じその多くは空回りしている風に見えますが、ビデオオンデマンドに関しては権利関係交渉上の遅れからまだまだ市場が未発達で、どこが残るかわからない状態です。Huluやツタヤディスカス、SONYのビデオアンリミテッドなど中途半端なサービスが多い中、このdビデオとdアニメストアが頭ひとつ抜きん出ている感じです。

価格が安い!

Huluは月額1,000円
ツタヤディスカス月20本までで1,008円

それに比べて

dビデオが月額500円
dアニメストアが月額400円

といった具合に明らかに安いし、両方契約しても安いというキラーコンテンツぶり。

dビデオとdアニメストアの違い

さて、そこで気になってくるのが内容です。

docomoという事で国内コンテンツに強いです。

Huluは洋画、洋ドラマばっかりなように、dビデオは邦画、邦ドラマ、邦アニメばっかりです。

今回はアニメにフォーカスして話を進めます。

dアニメはアニメに特化した動画配信サービスです。

サイトによると配信タイトルは約1100作品だそうです。

dビデオにもアニメはありますが、ざっと見た感じメジャーなタイトル200弱くらいです。

進撃の巨人とか、そのレベルの深夜アニメはありますがコアなアニメファンの需要に答える力はありません。

つまりアニメ作品数にすると
dアニメストア>>>>>>>>>>>dビデオ

という関係です。

しかしココで1つ僕の個人的な問題が浮上。

僕はアニメと合わせて

仮面ライダーも見たいのです。

そして、仮面ライダーはドラマだりdビデオのみのコンテンツになります。

つまり、両方契約しないと私のニーズを満たせないのです。

両方契約すると1000円近くになってしまうのでHuluとくらべてもお得感があまりない。

まとめ

ビデオ・オン・デマンドはまだまだ発展途上の市場です。

結局現状で完璧なリーダーがいる分野ではありません。

個人が見たいものと、それに払えるお金、使える時間を考えて妥協点を探しながら、レンタルDVD等と併用するのが一番現実的では無いのでしょうか。

今一度それぞれの特徴をまとめると

Hulu

月額1000円で全て見放題は素晴らしい。

しかしアニメや邦画のラインナップがいまいち。仮面ライダーはあります(重要)

洋画や海外ドラマをたくさん見たい人におすすめです。

ツタヤディスカス

これはそもそもDVD・CD宅配サービスと配信の併用が前提です。

ですのでコンテンツの守備範囲としてはとても広いと言えますが、

定額で使うには新作旧作の本数上限が設定されており、それを超えると従量課金制となるというデメリットも有ります。

課金を気にせず、お金に余裕があって、とりあえずなんでも見れる状態にしておきたいという人はこれがいいかもしれません。

dビデオ・dアニメストア

国内コンテンツならこれがピカ一。

洋画もメジャーなところは抑えている。

両方契約してもHuluと同程度の料金。

アニメが充実していて、アニメ単体なら400円(税別)

仮面ライダーはdビデオ(重要)

 

こんな感じでしょうか。僕は結局dビデオ+dアニメにするかもしれないし、dアニメだけにするかもしれません。

もっというと諦めるかもしれません。

そんな感じです。ご参考までに。

-アニメ, インターネット