インターネット ガジェット・デバイス

Kindleはもっぱら青空文庫リーダーとして使うのが楽しい。本屋に行くよりKindleを買おう

FullSizeRender

青空文庫

「青空文庫」というものをご存知でしょうか。

[browser-shot url="http://www.aozora.gr.jp/" width="600" height="450"]

青空文庫は、誰にでもアクセスできる自由な電子本を、図書館のようにインターネット上に集めようとする活動です。
著作権の消滅した作品と、「自由に読んでもらってかまわない」とされたものを、テキストとXHTML(一部はHTML)形式に電子化した上で揃えています。

要は無料で小説が読み放題のウェブサイトです。

KindleStoreの青空文庫

Amazon KindleStoreには無料の電子書籍というものが存在します。

本当に全て無料のものや、期間限定で無料配信しているキャンペーン品、有料版の一部を無料配信しているものなどが主です。

その中に、この青空文庫に登録されている作品もKindle化されて配信されています。膨大に。

当たり前ですが全て無料です。クリックしてダウンロードして読むだけ。

Kindleで青空文庫を読むということ

以前、Kindleを買ったのでとりあえず開封でもいっていますが、最近は小説を電子ペーパーで読むことが多くなりました。

青空文庫はとりあえずありったけ購入してKindleに入れておくことをおすすめします 。

動画

 

この動画でも言っていますが、電子ペーパー上で読む小説は液晶画面に比べて読書の質が段違いです。

Kindleは新色のホワイトも登場しました。6000円で文豪の名作が快適に読み放題と考えても、あまり高い気はしないのではないでしょうか。

 

-インターネット, ガジェット・デバイス