未分類

メッセンジャーをしていると、東京が小さく感じるようになりました

もう自転車で行くことに抵抗がある場所は基本的に無いですね。

もちろん時間的な話を除けばの話ですが。

何と言っても1日に何度も東京を東西南北縦横無尽に走り回っているわけです。

山手線の端から端まで移動なんてことも日常的に起こります。銀座から新宿までを「近い」と思い始めます。

自分の配達圏内であれば、裏道だろうと横道だろうと知らないところはほぼ無いでしょう。

この大都会東京をある意味攻略したような、そんな感覚になります。

電車で移動していると、場所がそれぞれ分裂していて断片的ですが、メッセンジャーはその流れの中で生活しているため、実際距離感をリアルに感じることができます。

詰まる所、東京は実際そんなに大きく無いということです。

-未分類