PC ガジェット・デバイス

タッチディスプレイ搭載のMacなんていらない

touch-macs

Macのタッチディスプレイ化

たびたび言われるMacのタッチディスプレイ化を望む声。
個人的に全然欲しくないのでその辺の話をまとめてみます。

Surfaceは、メインマシンにはならなかった

 

以前公開したこの動画、完全にタイトル詐欺で再生数を稼いでいますが、実際の今も同じようなことを思っています。

バッテリーがもたない

動画に対して付け加えることがあるとすれば、まず充電の持ち。

充電もちがとても悪い。MacBookAirと比べても稼働時間が短い。
熱を持ちやすいというのもあるのでしょう。
でもたぶん決定的なのはタッチディスプレイとスタイラス。あれが結構バッテリーを消費してる印象です。
高感度の筆圧感知は結構CPUパワーを使っているようです。

OSの完成度・使い勝手が下がる

タッチデバイスって、使い方がタッチのみなら良いんですよ。スマホとかね。

静電容量式なら軽快に動くし、UIもそれを基準に設計すれば良い感じで動くし。

Surafeceを使っていて感じたのは、
入力方法が多すぎる。

以前見たAdobeのイベントの映像の中での講演(サーフェスの宣伝)をしていたMicrosoftの人がこんな話をしていました。
「サーフェスは、ペンタッチ、指タッチ、マウス、トラックパッドという操作に対してそれぞれ別の動きを設定できるんです」

これです。これが完全にユーザーを置き去りにしている。

入力方法が多いゆえに、
自分のしたい操作がどの入力を使えば良いかわからない
という現象が起こるわけです。

もっと言えば、タッチペンが充電切れとか、キーボードを分離しててトラックパッドが使えないとか、色々と条件が変わってくるわけですけれども、それぞれ設定をしてやる必要があるわけですから、もう開発もユーザーも混乱するばかりです。

タッチとそれ以外は明確に分離している方がいい

そんなわけで、今思うことは
タッチUIは専用OSと専用デバイスの方が断然使いやすい。
ということです。

iPhoneやiPadはOSもデバイスもタッチ専用にデザインされているので開発もユーザーもその辺が明確が作りやすい(使いやすい)わけです。

ここにWindowsのような、タッチもする、マウスも使う、筆圧感知もする、となってくると、各所で混乱が生じて結果として使い勝手があ落ちるという印象を受けます。

なので現状、マウスやトラックパッドがしっかりしているMacにタッチディスプレイを搭載するなんてただの愚行ですよ。

絶対いらない笑

-PC, ガジェット・デバイス