ガジェット・デバイス ビデオブログ 音楽

【DDJ-RB】最強エントリーモデルまとめ。開封、設置から使用感、感想まで

DDJ-RBが最強のエントリーモデルDJコントローラー

少し前にPioneer DJのPCDJコントローラー"DDJ-RB"の開封レビュー動画を公開しました。

詳しくは動画本編でしゃべっていますが、ここでは補足的な話や動画で言えなかったこと、後から視聴者さんからあった質問、感想とうとう書いていきます。

最強の理由は"コスパ"

DDJ-RBか最強である理由は、なんといってもそのコスパです。

30,000円ほどで、フルパッケージのDJソフトのライセンスが付いてきて、しかもDJコントローラーといてしっかりとした作りのものというのは、現状最強だと思います。

というのもこの機材、恐らく現状リリースされたばかりで市場シェアのないPioneer DJのDJソフト"Rekordbox DJ"(レコードボックスディージェー)のシェア拡大、普及のために位置づけられた製品だと予想しています。

僕のようなビギナーを最初から取り込んでおくことで、どんどんと自社製DJソフトを普及させようとしていうのだと思います。

詳しくは動画をご覧ください。

動画

Part1

Part2

Part3

いろいろ補足

紙の説明書は役に立たない

同梱されている紙の説明書はほとんど役に立ちません。

ぺらっぺらの紙に最低限の使い方が書いてあるだけです。

本格的な使い方は、ネット上にアップロードされている取説に詳しく書いてあります。

これがほんとたどり着くのが大変なんですけど、下にリンクを貼っておきますね。


https://www.pioneerdj.com/ja-jp/support/documents/ddj-rb/

ファームウェアアップデートがわかりづらい

現状、届いたコントローラーを使うためにはファームウェアアップデートが必要ですが、これがとても親切じゃない。

以下に手順のリンクと、ファームウェアのダウンロードリンクを貼っておきます。


https://www.pioneerdj.com/ja-jp/support/software/ddj-rb/

手順

  1. ファームウェアをダウンロードして解凍
  2. 左側のSYNCとSHIFTを同時押ししながら、USBケーブルを接続
  3. 解凍したアプリケーションを起動
  4. 画面の指示に従ってアップデート

という手順を踏んでようやく使えるようになります。

すんごくわかりづらい、特に手順の2がわかりづらい。
「2つのボタンを同時押ししながら、ケーブル挿す」というなんともアナログで特殊な方法をとらないとアップデートが出来ません。ご注意ください。

使ってみた感じは上々

実際使ってみているとかなり感じがいいです。

パーツの精度もそれなりに出ていて、使いやすい感じがします。

あくまで他と比較したことのがない私の所感ではありますが。

ピッチフェーダーのレンジが変えられない

商品写真で確認できるように、DDJ-RBはピッチフェーダーがとても短いです。

そしていまボクが抱えている問題が、このピッチフェーダーのレンジの設定を変えられないということ。

これはホントに使いづらい。

デフォルト状態でレンジが±100%まで振ってあるんですよ。

フェーダー自体がとても短いの、何が起こるかというと、フェーダーをちょっと動かしただけでスポードが10%くらい変わってしまう。

これはもう不便でしょうがない。色々資料を漁ってるんですが解決策が見つからず困ってます

現在、Pioneer DJのサポートに問合せています。

どなたか解決策をご存知でしたら、お知らせください。

-ガジェット・デバイス, ビデオブログ, 音楽