インターネット ビデオブログ 映像

YouTubeに投稿する動画をヘッドホンで編集しないほうが良い理由

dj_headphones_music_headset

失敗談

以前紹介した、オーディオテクニカのヘッドホンATH-A900Xで音を聞きながら編集をしていたことがありました。

その時編集していた動画がこちら

いかがでしょう。

ちょっとBGMうるさくありません?

これがヘッドホン編集の罠です。

音質が悪いほど高い音がよく聞こえる

安いイヤホン買って、音がシャカシャカしていて不満を持ったことありませんか?

なかったら是非一度100円ショップでイヤホン買ってみてください。めちゃくちゃシャカシャカしてるから。

何かって言うと、高い音だけが浮いたまま流れていて、中域・低域の音がほとんど聞こえないんです。

逆に言えば、単純な話、音質がいい音響機器ほど低い音をちゃんと再生してくれるということです。

これを動画に置き換えて考えます。

この場合の中域低域の音とは、人の話し声に相当します。高域はBGM中の高い音ですね。

編集中ヘッドホンをしていると、音質がいいためそれぞれの音域の音がしっかりと聞き取れます。トラックバランスもそれに基づいてレベルをいじるわけです。ですがたかがYouTube動画をわざわざヘッドホン出してきて見る人はいません。パソコンやスマホのスピーカーから流れてくる物をそのまま動画の音声として聞くわけです。

既に書いたように、音質悪いほど高域がシャカシャカします。

ですので、上の動画の用にBGMだけがかなり浮いた感じのレベル調整になってしまいます。

解決策

これを避ける1番簡単な方法は、もうヘッドホンを使わないことでしょう。

視聴環境により近い状態で編集することによって、誤差を減らしてなるべく均質なものが届くようにするべきです。

ただ、例えば僕のように自分の顔出し動画を、PCから音を出しながら編集するのが恥ずかしという方もいらっしゃると思いますので、そういう場合は音質の悪いイヤホンとかを使うといいでしょう。その際は、また音のレベルに気を使う必要が出てきますが、それでも比較的視聴環境に近い形のでの音のセッティングができるでしょう。

-インターネット, ビデオブログ, 映像