ビデオブログ 財布

僕が薄いマネークリップと小さい小銭入れを買った理由

2015/12/22

"薄い財布"の致命的な欠点

薄い財布の3年レビュー」でも書いたように、3年間"薄い財布"を愛用してきました。

おおよそ満足だったのですが、カードが汚れるのだけが気に入らず、動画を作って以来使っていませんでした。

 

 

仕事柄常に釣り銭用の現金をビニールポーチに入れて持ち歩いているので、プライベートで現金が必要な時は、そこから抜いてポケットに突っ込んでいました。

IMG_4046

それ以外の買い物は基本的にカードに集約して、なるべく現金を使わない生活をするように心がけていました。

その間、いろいろなサイトや雑貨屋なんかを意識的に覗いていたのですが、どの財布も決めていに欠ける、といった具合で財布の無い生活が3ヶ月ほど続きました。

いい加減財布が必要

そんなこんなでボーッとしていたらいつの間にか年末になってしまいまして、忘年会新年会その他付き合いや買い物も増えてくる時期でして、いい加減財布が無いとまずい、ということでとうとう購入に踏み切ったのは、前回と同じくアブラサスの財布でした。

開封動画

決め手

今回マネークリップ購入の決め手になったのは、なんといってもカードの挿入方向です。

薄い財布の問題点を要約すると

  1. カードはサイドから入れる
  2. 余裕があると落下するためカード同士で圧迫する
  3. 故にカード同士が擦れて傷がつく

ということでした。

マネークリップはその点、カードを上方向から挿入することで、財布を閉じた時に財布そのものが蓋となってカードが落ちるのを防いでくれるのです。

小銭入れの完結性

小銭入れは究極に言えば、単体で外出に必要なもの全てを補完してくれます。これだけで、小銭と数枚の紙幣、鍵が持ち出せて、カラビナでベルトレールにかけておけば荷物になりません。

もはや究極のポータビリティを実現していると言っていいでしょう。

素材に対する不安

薄い財布は、エンボス加工で傷や汚れに強かった分、ガラス加工のマネークリップと小銭入れは汚れやすく、長く使えるかどうかは若干不安です。

手に持った感じも、薄い財布より弱い感じがして、パンツのお尻ポケットに入れて座るのに勇気がいります。

まとめ

少し不安はありますが、この薄いマネークリップと小さい財布の組み合わせには大いに期待しています。

割と既に満足してはいるのですが、またしばらく使って見えてくるものもあるかもしれません。しばらく使ってみて、またアップデートしていきたいと思います。

-ビデオブログ, 財布